カッチカチやぞ!不動産冷えてます!

自宅を売った時には控除が利用できる

自宅を売却した際には、最高3000万円までの控除が利用出来ます。売却したらそれで終わりではなく、税金の一部が返ってくる可能性もあるのです。知らない人は損していることもあるため、覚えておきましょう。
この控除を利用するには、住居用の財産を売却する必要があります。自分が住んでいる家と言う事が条件となっており、もし長く住まなくなっている住宅では3年という期限が設けられています。万が一住宅を売却し新しい家に引越する際には、早めに売って控除を利用できるようにすると良いでしょう。また、そのほかの特例や特別控除などを受けている場合では、この控除が利用できない事もあるため詳しく調べてみて下さい。また、震災で住宅を売却できない理由があれば、受けられる期間が延長される事もあります。
最大3000万円までの控除が受けられるという事は、かなり税金が減る可能性があるのではないでしょうか。所有期限は特に決められておらず、住むための住宅であればよいのです。売却した年に控除を受けて税金が減れば、ほかにも様々な得点が受けられる可能性も出てきます。例えば子供の学校の費用に対する一部補助が受けられたり、所得が無ければ一年限定ですが、次の年の税金にも関係してくる可能性はあります。